×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

いい時代のような悪い時代

ちょびリッチにはHMVなんかも入っているみたいで、音楽好きの僕にもありがたい話だと思う。でも、裏を返せば誰もが家にいながら何でも購入できる時代になったんだと思う。皆さんはどう思います?僕は10年ほど自営業をやってるんですが、昔と違い客数は全体的に見ても減った気がします。僕のお店だけでなく、全国各地のお店でそういう現象が起こってるんではないでしょうか?ちょびリッチやZOZOタウンみたいなインターネットで、購入できることにより、物に付加価値が付かず、結局、物販などはしんどくなり、ちょびリッチなどで購入したものを持って、あるいは着て、週末などは買い物よりリゾート地やアミューズメント施設などのサービス業にお金を使うという状態なんでしょう。

メリット&デメリット

ちょびリッチで買い物をしました。何を買ったかというと、音楽とゲームです。自分も初めて使ったんで詳しくはないんですが・・・簡単に言うとちょびリッチとは、パソコンか携帯電話のインターネット内での買い物です。そこで買い物した金額によって、少し(ちょびっと)ポイントが還元される。そのポイントは現金にも換金できたり、YAHOOや楽天などのポイントとしても使える便利なシステムです。でも僕は少し思うんですが、こういった音楽をi-tuneやちょびリッチなどからダウンロードすることで、レコード店やCDショップなどでCD、レコードなどを買う人口が減っているらしいです。アメリカにある、タワーレコードなんかは去年、事実上倒産していますし、日本のタワーレコードも実際売り上げが落ちていますし、閉店した店も多いと思います。パソコンがここまで普及したことによって便利にはなったと思いますが、実際、どこかがそのために大打撃を受けているのは間違いないでしょう。

在宅ワーク

今日は休みやったんで、教えてもらったちょびリッチについて調べてみた。最初はサイト内をテクテクと歩き回ってただけなんやけど、ちょびリッチで買い物するとポイントが還元されて溜まっていくってシステム。で、その溜まったポイントで買い物したりお金に換金したりするだけやと思ってた。さっき、ちょびリッチ.com攻略サイトってとこに入ってみ点けど、違う使い道もあるみたい。例えば、小遣い稼ぎをするって感じで、アフィリエイトや懸賞などに応募するってのもあったり、ちょびリッチ.com攻略サイトのなかでは実際に、在宅ワークなどのサイドビジネスや、簡単なネット内でのバイトみたいなものまで紹介している。最近まで、パソコンなどに無関心で、昔仕事上でしか使ってなかったパソコンにも大分、興味もあるしいろいろなことがパソコンからできるってことも知りました。単純に言えば、定職を持たなくてもパソコンがあれば仕事が出来るってことになりますわ。

Copyright © 2007 ちょびリッチを攻略してみる