×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサードリンク

powerd by 楽市360

スポンサードリンク

powerd by 楽市360

FX入門者におすすめの証券会社や外貨

FXにこれから入門しようと思っている方におすすめの証券会社としては、モバイルならば「MJ」「AFT−FX」「Forex.com」「ひまわり」などの証券会社がおすすめです。モバイルならば、会社ごとの操作性や対応機種が異なってくるのでリアルでのFXの売買を経験されてからの方がいいでしょう。また、FXに入門しようとされているならば、外貨はかなり不安定な情勢なので、今は様子を見た方がいいかもしれません。FXの入門者の方じゃなくても誰でも知っていることなのですが、現在はサブプライム問題の関連で非常に外貨の状態は不安定なのです。あえて、FX入門者の方が投資しても問題ないとすれば、FXの情報が多い米ドルや金利差が少なくてリスクの少ないユーロドルや個人投資家などの保有株が多いオセアニアの株がFX入門者にはお勧めできる外貨ですね。しかし、どの外貨に投資するとしてもFX入門者の方ならば、売買の際の最低限のルールと分析は必要になります。

スポンサードリンク

FX入門者の方が一番気をつけたほうがいいこと

FXの入門者が一番気をつけた方がいいことは資金の管理だと思います。FXの入門をしているうちはレバレッジがいつの間にか大きくなっていることにはなかなか気がつかないものです。そうしてしまうと、トレンドが変更する時期になってしまうと特にFXの入門者の方はあわてるんですよね〜〜(^_^;)(実際に私がそうでした)そういう大慌てをしている人に共通することはやはり資金の管理が出来ていないのです。これはFXの入門者の方にだけ言えることではなくて中級者以上の方でもまれにおきてしまうことです。FXの入門者の方に言っておきたいことはFXは攻撃よりもいかに失敗しないかの守りの方が重要になります。これは私がFXに入門し始めてから今までの経験上痛感していることです。具体的に言えば、一回のFX取引でどこまで儲けるかよりもいかに損失を抑えるかの方が重要なのです。例を挙げるならば、ドル円のロングポジションを持っていたときにいきなりドルが110円から100円になってしまった時にいかにあわてないかが大切になります。

FXのおすすめの入門書

私はFXの入門時点からさまざまなFXの入門書や書籍を読んできましたが、初心所向けの入門書はたくさんありますが、特に上級者向けのFXの書籍は無かったように感じます。実際に、私は自称上級者(笑)なのですが、いつも手元にあるのはFXの入門書で基本のチェックのためにおいておくという感じですね。また、書店に並んでいるのは大抵は田平さん、山根さん、山岡さんなどのFXの入門書になりますね。上級者向けのFXの本となると「一目均衡表の研究」とか「マーケットの魔術師」などのかなり分野を絞ったような本になってきます。個人的におすすめできるFXの入門書としては、小手先のテクニックを描いた本ではなくて本当に基本的なFXの入門の心構えを謳っている本の今井雅人さんの「外国為替トレード勝利の方程式」という本ですね。かなりセンセーショナルなタイトルなので怪しいものなのですが、書いてある内容は本物です・゚・(ノ∀`)・゚・。なので、FXの入門者の方にぜひおすすめしたいです。

Copyright © 2007 FX 入門