×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサードリンク

powerd by 楽市360

スポンサードリンク

powerd by 楽市360

出産育児一時金請求書の書き方

出産育児一時金請求書の書き方としては、主人の扶養となっている方の場合は請求する人はご主人となるので、健康保険の被保険者である夫の名前を書くことになります。出産育児一時金請求書の被扶養者が出産したための請求である場合は出産者の方の名前と生年月日を書くことになります。また、出産の育児の一時金を請求する人はこの場合では家族となるので家族の方に丸をうてばいいのです。出産育児一時金請求書の書き方はご主人が所属している健康保険によって変わってくるのです。政府管掌と組合管掌のどちらかによって変わってきます。政府管掌ならば様式は一定で簡単に書くことができるのですが、組合管掌ならば、出産育児一時金の請求書を書き方は様々になるのでややこしいです。それの判断はご自身の所属している団体に問い合わせることでわかります。もしも、あなたが会社に所属しているならば、会社の人事の方がお答えになってくれるでしょう。

スポンサードリンク

出産育児一時金の事前の申請後の流れ

出産育児一時金の事前の申請は出産の予定日から一ヶ月以内にすることによって社会保険庁から直接病院に35万円の出産育児一時金が本人の口座に入ることになります。この場合に振り込まれる口座は直接病院の口座になります。そして、本人は退院時にそのその出産育児一時金に加えて出産費用を払えば良いという仕組みでとても便利な仕組みなのです。出産育児一時金の事前の申請の流れとしては、まずは出産される方の夫の会社から事前の申請用紙をもらいます。その次に、出産育児一時金の事前の申請用紙の必要な部分を記入します。その際に病院の記入欄は病院に記入してもらう必要があります。そして、出産の予定日の一ヶ月を切ったら夫の会社に提出します。そして、病院を退院後は出産育児一時金が病院に直接支払われ足りない分を支払うという流れになります。ただ、出産育児一時金はすべての会社に適用することが出来るのかは定かではないので、事前に病院に確認すると良いでしょう。

出産育児一時金とは

出産育児一時金は夫が社会保険に加入しているならば、加入機関に関わらず出ます。また、会社を退職して出産する場合も、退職日から6ヶ月以内ならば、会社を勤めていた時に加入していた健康保険をもらうことが出来るので、利用できますね。また、これらの場合に当てはまらない場合も夫の扶養家族に入っているならば、家族出産育児一時金という形で出産育児一時金が出ます。家族出産育児一時金は基本的にはどこの健康保険組合にもあるので、夫の健康保険組合に確認してみると良いと思います。それと、出産育児一時金には受取代理制度というものがあります。これは、他の記事でも紹介しているように出産育児一時金の出産日より一ヶ月前までに申請することによって直接医療機関に支払ってくれる制度なのです。ただし、この受取代理制度に出産する病院が適応していなければならないのです。この受取代理制度自体がとても新しい制度なので、健康保険組合自体が適応していないこともあるので、注意する必要がありますね。

Copyright © 2007 出産育児一時金